7. 白樺派の封印がまた一つ・・・ 

以前にも触れましたが、これまで、『白樺派はお坊ちゃんたちの理想主義だ.』というような表現で過小に評価され、その本当のところは封じ込められたままなのではないかと指摘したことがあります.
また、こんな批判もあります。
『理想的なことばかり言っていて、日常生活では、地元、我孫子の住民たちと何のかかわりも持たずに孤高に文芸活動だけをしていた.』というのもそうです. 今回、そのことについても定説(偏見?)を覆(くつがえ)すような資料が発見されました.
実は、この件については伝説としては伝えられていたのですが、資料が発見されたことで伝説が裏付けられたということになります。
新聞記事:「幻の大辞典」見つかる
以下、ちょっと長いですが、新聞記事をご紹介しましょう。
出典:2001年7月20日(金)毎日新聞朝刊(千葉版)『幻の大辞典』見つかる志賀直哉(しがなおや)、柳宗悦(やなぎむねよし)らが地元小学生に手渡す

大正時代、我孫子・手賀沼湖畔を白樺派の拠点に文筆活動を送った志賀直哉、柳宗悦らが「勉学向上」として地元小学生らに贈(おく)ったとの伝説を残し、「幻の大辞典」と呼ばれた漢和辞典が、同市内の旧家に保存されていた。我孫子の文化を守る会会員で白樺派研究家の村上智雅子さん(60)=我孫子市若松=の調査で19日までに分かった。【大矢武信】

保存されていたのは、同市柴崎の農業、湯下昌恒 さん(63)方。1916(大正5)年、三省堂発刊の「漢和大辞典」(縦25.5センチ×横15.5センチ、1965ページ)で、重さは3.2`。「定価3円」とされ、当時では米3俵が買える価格。

 表紙を開くと「贈與(ぞうよ) 文學士(ぶんがくし)・柳宗悦、同・志賀直哉」と署名されている。柳の直筆とみられるが、確証はないという。

 湯下さんが父の恒雄 さん(76年に73歳で死去)から聞いた話によると、17(大正6)年3月24日、我孫子尋常(じんじょう)高等小学校卒業式(児童57人)に志賀と柳が羽織(はお)り袴(はかま)姿で参列。6年間の成績優秀者として学年総代だった恒雄 さんと渡辺多美子さん(渡辺藤正・元我孫子市長の姉)の2人が、志賀直哉から直接、記念品として手渡されたという。

 恒雄 さんは「志賀さんから手渡された時、あまりの重さでよろけてしまった」と話し、亡くなるまで大切に使っていたという。

 村上さんによると、志賀直哉は15(大正4)年、宗悦の誘いで旧我孫子町弁天山に移住。ついて来た武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)らと「文化村」をつくり白樺派運動を広めた。しかし旧帝国大、学習院出身の「文人」たちは創作活動が中心で、当時の農漁民など地元との交流は行わなかった。やがて志賀らは京都、九州などに散って行き「文化村」は自然消滅した、というのがこれまでの定説だった。

 志賀らが数年間にわたって小学校の卒業式に列席し、成績優秀者らに大辞典を贈与(ぞうよ)していたとされる史実の確認は、白樺派研究の貴重な発見だとしている。

 村上さんは「志賀(当時34歳)、柳(28歳)の2人が児童に辞典を贈(おく)っていたことは、地元との交流を大切にした証(あか)しで白樺派研究の大切な資料です」と話している。

これまで言われてきたことが、あまり根拠のある話でないことが一つづつわかってくるというのは、とても面白いです.
これでまた一つ白樺派の封印が解かれることになりますね.  ところで、資料発見者の村上智雅子さんは、8月12日の白樺フィロソフィー『おもしろ白樺クラブ』で「志賀直哉の我孫子時代」―人と作品とエピソード―について講義をしていただくことになっている方です.
興味のある方は是非ご参加ください.この資料発見についても多分触れていただけるでしょう.

臨時 おもしろ白樺クラブ 8月12日 
「志賀直哉の我孫子時代」 -人と作品とエピソード-
志賀直哉が我孫子に滞在した大正4年9月から大正12年3月までの間に彼の主要作品のほとんどが書かれた。

そんな大切な時代と場所であるのにもかかわらず、今までこの時代について書かれたものは少ない。
そこで、志賀直哉がこの地に住んだいきさつから、白樺文化圏といわれた武者小路実篤、柳宗悦、バーナード・リーチとの交流、地元の人とのかかわりを『和解』を中心にして歓談しませんか。
志賀の作品を知らない方でもどうぞ。
   
講師: 村上智雅子(高校教諭)
日時: 8月12日 午後3時〜5時
場所: 白樺文学館 コミュニティールーム
受講料: 1人1000円
   
専門的な知識は必要ありません。
講座のお申し込みは、お電話・FAX・Eメール か受付で承ります。
(FAX、Eメールでお申し込みの方は御氏名、御連絡先、ご希望の講座を明記してお送り下さい)
   Tel 0471(69)8468 Fax 0471(69)1837