65.10月の面白白樺倶楽部のご案内

2003年10月10日(金) 18時30分より
       『志賀直哉とドストエフスキー』
講師 日本大学芸術学部文芸学科主任教授
   同大学院芸術学研究科教授
          清水 正(しみず まさし)

日本近代文学の潮流は私小説が大きな命脈を有しているといわれています。今回は志賀直哉の「暗夜行路」「濁った頭」「大津順吉」ほかの作品を取り上げ、ロシアの文豪・ドストエフスキーの「罪と罰」など壮大な文学世界と対比させ、白樺派の大巨頭志賀直哉の実像にせまります。志賀直哉ファンにはどうしても聞き逃せない講演と期待されます。なお当日講師の最新刊、講演演題と同名の著書「志賀直哉とドストエフスキー」を特別価格(4,200円→2,800円)にてのサイン入り即売会も予定しておりますので多数のご参加をおまちしております。

講師: 清水 正(しみず まさし)
日本大学芸術学部文芸学科主任教授
同大学院芸術学研究科教授

講師略歴
1949年千葉県我孫子市生まれ。我孫子第四小、我孫子中学、を経て日本大学芸術学部文芸学科卒。現在我孫子市在住、日本大学芸術学部教授、文芸批評家。「д文学通信」(ドストエフスキー&宮沢賢治:研究ミニコミ誌)編集発行人。D文学研究会主宰。江古田文学会会長。日本文芸家協会会員。著書『ドストエフスキー体験』『ドストエフスキーの作品T,U,V,W』『宮沢賢治とドストエフスキー』『宮沢賢治の神秘的世界』『ドストエフスキー「悪霊」の世界』『ドストエフスキー「罪と罰」の世界』『今村昌平を読む』『つげ義春を読め』
『ビートたけしの終焉』ほか著書は100冊を超える。
日時: 2003年10月10日(金) 18時30分より
場所: 白樺文学館 コミュニテイルーム
参加費: 千円
定員: 定員25名 どなたでも参加できます



◎お申し込み方法 講座のお申し込みは、お電話・FAX・Eメールのいずれかにて承ります。ご予約の方は、お席を確保いたします。
(FAX、Eメールでお申し込みの方は御氏名、御連絡先を明記してお送り下さい)

Tel 0471(69)8468  Fax 0471(69)1837