77.「励ましの手紙展」開幕!!

(1)11月22日(土)から12月23日(火)までの1ヶ月間にわたる、白樺文学館の第一回企画展示会がスタートしました。

2階展示室は白樺文人最初の我孫子移住者、柳宗悦・兼子のコーナーから始まり、夏目漱石から武者小路実篤、志賀直哉へ、また志賀直哉から小林多喜二へと励ましの手紙コーナーへという順に、一連の流れで展開されています。 また民芸の仲間のバーナード・リーチの「巡礼」の大皿も、今回初展示されるという楽しみも用意されています。

画像で見る我孫子時代
画像で見る我孫子時代(クリックで拡大

漱石から志賀宛 3通の手紙
漱石から志賀宛 3通の手紙
クリックで拡大

病床の志賀を励ます実篤の書
病床の志賀を励ます実篤の書
クリックで拡大

音楽室の展示の様子
音楽室 兼子の手紙と年表
クリックで拡大
柳宗悦・兼子コーナー
柳宗悦・兼子コーナー(クリックで拡大

志賀から多喜二へと多喜二から大熊信行への未発表書簡
志賀から多喜二へと多喜二から大熊信行への未発表書簡 (クリックで拡大

バーナード・リーチ 「巡礼」
バーナード・リーチ「巡礼」(クリックで拡大

「励ましの手紙展」図録
「励ましの手紙展」図録(クリックで拡大


郵便の歴史と手紙を書くコーナー
郵便の歴史と手紙を書くコーナー
クリックで拡大

第1号の投函者となった3歳と5歳のお子様。手紙を書いているところのスナップ
クリックで拡大

第1号の投函者となった3歳と5歳のお子様。ポストに投函するところを記念撮影
クリックで拡大
また1階コミュニテ―ルームでは、郵便ポストや郵便配達の歴史的変遷を学びながらの「手紙を書くコーナー」も、我孫子郵便局の後援を受けて特設されています。書かれた手紙類はエントランスホールの特設臨時ポストに投函されると、美しい手賀沼の風景入り消印が打たれて配達されます。ぜひ一度お試しください。 初日、第1号の投函者となった3歳と5歳のお子様には、文学館特製の絵葉書セットとレターセットが進呈され喜ばれました。 なお展示会の内容がさらに詳しく解説された図録も製作され、来館者に大好評です。

(2)「励ましの手紙展」駅貼りポスターのお知らせ

企画展に合せて、JR東日本常磐線、総武線、上野駅ほか15駅、東武野田線の4駅合計20駅に11月24日から12月3日までの各駅7日間ずつ掲出されます。最寄駅でどうぞご覧ください。 西船橋、船橋、津田沼、千葉、上野、日暮里、北千住、松戸、新松戸、北小金、南柏、柏、我孫子、取手、布佐、湖北、(以上JR) 春日部、野田市、豊四季、鎌ヶ谷(以上東武鉄道)