94.2004年8月 面白白樺倶楽部のご案内

演題「手賀沼の今と昔」

講師 深山正巳氏
(全国内面水漁場管理委員会連合会会長、  千葉県内水面漁場管理委員会会長、 手賀沼漁業協同組合代表理事組合長)
期日 2004年8月13日(金)18時30分より
場所 当館コミュニティールーム

講師の深山正巳氏
講師の深山正巳氏

昭和19年手賀沼の水難事故にたまたま遭遇したことから、医学を学ぶことを決意し,中野の順天堂大学合格したものの、20年2月に軍隊に召集されるなど で,戦後は父親の要請で家業の手賀沼の漁業を継ぐことになります。
手賀沼生まれの手賀沼育ちで、一生を全国の湖沼の漁業問題と取り組み、79歳の今なお、現役で活躍されておられます。 このたび発足する、手賀沼に関する研究をする「手賀沼学会」の発起人の一人でもあります。
今回は、水清らかな時代の手賀沼と、現代の手賀沼のあれこれをおうかがいすることになりました。

《略歴》

大正14年 千葉県旧手賀村(現沼南町)生まれ 昭和27年中央大学法学部卒業後、家業の漁業、手賀沼フィッシングセンター事 業と地元はじめ,県,全国の漁業組合 の会長業務の要職を務め現在に至る。

「手賀沼の今と昔」
日時: 2004年8月13日(金) 18時30分より
場所: 白樺文学館 コミュニテイルーム
参加費: 1000円
定員: 定員25名 どなたでも参加できます。

◎お申し込み方法
講座のお申し込みは、お電話・FAX・Eメールのいずれかにて承ります。ご予約の方は、お席を確保いたします。
(FAX、Eメールでお申し込みの方は御氏名、御連絡先を明記してお送り下さい)

Tel 04 (7169) 8468  Fax 04 (7169) 1837