120. 春来万里客

当館所蔵の竹下夢二の作品に「梅下美人図」(参考:白樺だより第15号「最新入手作品ご紹介/白樺派と竹久夢二」) という、かわいらしい額装の版画があります。今年は例年より少し遅れの3月初めに玄関ホールに展示しました。 なぜかそれ以来うれしいお客様が沢山お見えになり、佐野館長はもちろん、スタッフも大変喜んでいます。作品をもう一度よく見ると画賛がありました。
               「春来万里客」                            
来年はもう少し早めに展示することにしました。

阿川弘之氏の講演10月9日(日)開催決定

この秋開催予定の第3回企画展「志賀直哉夫妻我孫子転居90年」のメインイベントとして阿川弘之氏による講演「志賀直哉夫妻と我孫子」(仮題)が決まりました。
「志賀直哉夫妻と我孫子」
期日: 平成17年10月9日(日) 15時より
会場: 千葉県我孫子市市民会館
詳細が決まり次第改めてご案内予定です。 現在仮予約受付中です。
電話:04−7169−8468

作家北村薫氏来館

2005年3月10日付け日本経済新聞
2005年3月10日付
日本経済新聞
クリックで拡大
ソフトな優しい推理小説で人気の作家北村薫氏が、ご家族とともにひそやかに来館されました。そして突然!日本経済新聞に誠に有難い励ましの文章を掲載いただき、大変光栄なことでありました。ここに先生と日本経済新聞社とのお許しを得て掲載させていただきます。(2005年3月10日付日本経済新聞)
 

谷口直枝子(柳宗悦実姉)さまのご家族

村山先生(前列左)と谷口家ご家族
村山先生(前列左)と谷口家ご家族
クリックで拡大
柳宗悦・兼子夫妻とその家族が大正時代我孫子に住んでいた家は、三本の椎の巨木があることから三樹荘の名前で呼ばれておりました。(参考:白樺だより第1号「三樹荘(旧柳宗悦邸)訪問」) この家は柳宗悦の母勝子さんと、彼の姉谷口直枝子(すえこ)さんの隠居所として建てられ、戦争中から戦後にかけて一時疎開先として、谷口さんご家族が住んでいました。ここですごした田舎の生活を懐かしみ、ご健在のご家族5人が60数年ぶりに三樹荘を訪れ、現三樹荘当主村山祥峰氏と懇談されました。その後白樺文学館に来館、谷口直枝子さんと山本五十六ら海軍ハト派として著名な夫の海軍大将・軍令部長谷口尚真の貴重な資料を持参いただきました。とりわけ柳宗悦が自ら表装した書軸、直枝子姉上に贈ると書かれた「百千の月」を文学館にご寄贈いただき、誠に有難いことでございました。

書軸「百千月」
書軸「百千月」
広げた書軸「百千月」
広げた書軸「百千月」