128. 「宮崎の新しき村を訪ねて」

第54回面白白樺倶楽部のご案内

講師 馬場昭道 氏 (我孫子市浄土真宗真栄寺 住職)
期日 2005年11月18日(金)18時30分より
場所 当館コミュニティールーム

武者小路実篤・房子夫妻らは、大正七年(1918)我孫子から白樺派の仲間他多勢の人に見送られて、九州宮崎県の新しき村に出発しました。馬場住職はその新しき村から車で一時間あまりのところに生まれ育ち、何度か新しき村を訪ねる間に、生前の武者小路(杉山)正男、房子夫妻に鰹のお土産を持参し、帰りには村で取れた筍をもらって帰るほどの親しい間柄となりました。こうしたご縁もあって我孫子にこられたとのことです。
今回は、宮崎の新しき村での武者小路(杉山)正雄・房子夫妻の思い出など、誠に貴重なお話をお伺いすることになりました。
どうぞご期待下さい。

第54回面白白樺倶楽部 「宮崎の新しき村を訪ねて」
講師略歴:
馬場 昭道 氏
馬場 昭道 氏
馬場 昭道 (ばば しょうどう) 氏
昭和20年(1945) 宮崎県小林市生まれ。昭和42年(1977)龍谷大学卒業後、テレビ宮崎家庭教育学級担当などを経て、昭和54年(1979)毎日新聞社西チベット仏教調査隊に参加。昭和60年(1985)NHK宮崎放送局「土曜日の椅子」担当。昭和62年(1987)我孫子市に新しく寺を開き、我孫子真栄寺住職となり現在に至る。

《著書》
『聖なる国々の姿』(鉱脈社刊)
『ラダック紀行』(鉱脈社刊)
日時: 2005年11月18日(金) 18時30分より
場所: 白樺文学館 コミュニテイルーム
参加費: 1,000円
定員: 定員25名 どなたでも参加できます。

《お申し込み》
講座のお申し込みは、お電話・Fax・Eメールのいずれかにて承ります。ご予約の方は、お席を確保いたします。
(Fax、Eメールでお申し込みの方は御氏名、御連絡先を明記してお送り下さい)

Tel: 04 (7169) 8468  Fax: 04 (7169) 1837