144. 柳宗悦とバーナード・リーチ

―国境を越えた生涯の友情―
第61回面白白樺倶楽部開催のご案内

講師 内海 禎子 氏 (財団法人日本民藝館 常務理事)
期日 2006年6月9日(金)18時30分より
場所 当館コミュニティールーム

柳宗悦19歳、バーナード・リーチ23歳で二人の出会いは始まりました。その後第2次世界大戦をはさんで、西と東のはるかな距離を乗り越えた友情はさらにつづきました。リーチは、85歳で作陶を断念せざるを得ないほど視力が衰えた状況のなか、英訳し出版された柳宗悦の論文『The Unknown Craftsman』は、その証として今にのこされています。今回は柳とリーチという美の巨人二人の国境を越えた類いまれなる交友と、リーチの作品に影響を与えた柳の思想などについて、スライドなどもまじえてお話しをおうかがいします。今秋当館にて開催予定の「バーナード・リーチ展」を見据えての予告講演会ともいえましょう。是非ご期待下さい。

第61回面白白樺倶楽部 柳宗悦とバーナード・リーチ
講師略歴:
内海 禎子 氏
内海 禎子 氏
内海 禎子 氏
津田塾大学英米文学科卒、米国ミネソタ州立大学ホーム・エコノミックス科2年留学、 昭和58年(1983)(財)日本日本民藝館運営委員、同 63年(1988)同評議員、平成8年(1996)同理事、同15年(2003)常務理事

《論文・著書など》
月刊「民藝」に多数寄稿のほか、過去17年にわたり同誌に「毎号英文2ページを寄稿掲載。日本民藝館の海外展示責任者として、イギリス、スコットランド、アイルランド、イタリー、アメリカ、インド、韓国、フランス(2008)にて活躍。「大津絵」日本民藝館所蔵 東方出版(2005) 翻訳および、日本民藝館海外展カタログ、特別展資料(ウイリアム・ブレイク、棟方志功、スカンジナビア等)作成、ほか学術資料翻訳多数。
日時: 2006年6月9日 18時30分より
場所: 白樺文学館 コミュニテイルーム
参加費: 1,000円
定員: 定員25名 どなたでも参加できます。

《お申し込み》
講座のお申し込みは、お電話・Fax・Eメールのいずれかにて承ります。ご予約の方は、お席を確保いたします。
(Fax、Eメールでお申し込みの方は御氏名、御連絡先を明記してお送り下さい)

Tel: 04 (7169) 8468  Fax: 04 (7169) 1837