148. 8・9月面白白樺倶楽部のご案内

8月(第63回)、9月(第64回)の面白白樺倶楽部は、白樺文学館第4回企画展示会「バ―ナ―ド・リ―チ展」の記念講演会に代えて開催させていただきますのでご了承ください。なお会場は白樺文学館から手賀沼公園所在のアビスタ(我孫子市生涯学習センタ―)2階第2学習室およびホ―ルとなりますのでお間違えのないようご案内いたします。

「濱田庄司とバ―ナ―ド・リ―チ」
第63回面白白樺倶楽部

講師 濱田琢司氏 (日本学術振興会特別研究員 学術博士・地理学)
期日 2006年8月11日(金)18時30分より
場所 アビスタ(我孫子市生涯学習センタ―)第2学習室

濱田庄司は彼の孫たちのことを,自分の最高傑作だと話していたというエピソードが伝えられています。そのお孫さんの一人濱田琢司氏は柳宗悦、バーナード・リーチらとともに、祖父たちの提唱した民芸運動と、その地域文化に及ぼした影響などについて、現在新しい研究分野を開拓中であります。
1920年バ―ナード・リ―チと共に、遠き異国の地英国に渡り、日英交流の先人となった祖父の知られざる思い出などをお伺いします。

第63回面白白樺倶楽部 濱田庄司とバ―ナ―ド・リ―チ
講師略歴:
濱田 琢司 氏
濱田 琢司 氏
濱田 琢司 (はまだ たくじ) 氏
1972年、栃木県生まれ。(濱田庄司の次男・晋作氏の三男)1996年関西学院大学文学部卒業。 同文学研究科博士課程後期課程修了(博士・地理学)神戸大学大学院文化学研究科助手,神戸大学ほか非常勤講師を経て現職。 専門は、文化地理学、地域文化論

[主な研究業績]
『民芸運動と地域文化―「民陶」産地の文化地理学―』(思文閣出版、2006)『ア―ツ・アンド・クラフツと日本』(思文閣出版,2004,共著)『柳宗悦と民芸運動』(思文閣出版,2005、共著)
日時: 2006年8月11日 18時30分より
場所: アビスタ(我孫子市生涯学習センター)第2学習室
参加費: 500円(第4回企画展入館券とも)
定員: 先着40名 どなたでも参加できます。

「小泉八雲とバ―ナ―ド・リ―チ」
第64回面白白樺倶楽部

講師 小泉 凡氏(島根県立島根女子短期大学助教授 小泉八雲曾孫)
期日 2006年9月8日(金)15時00分より
場所 アビスタ(我孫子市生涯学習センター)ホール

小泉講師のコメント バ―ナ―ド・リ―チは1906、7年の頃から小泉八雲(ラフカデオ・ハ―ン)の著作に親しむようになっていきます。その読書体験は、マイノリテ―の異文化に対する好奇心を育み、さらに来日の大きなきっかけになったといわれております。スライドでハ―ンの生き方や、異文化理解の特色について言及します。さらにリ―チのそれと比較しながら、主として両者の価値観の共通点を見出して行きたいと思います。

第64回面白白樺倶楽部 小泉八雲とバ―ナ―ド・リ―チ
講師略歴:
小泉 凡 氏
小泉 凡 氏
小泉 凡 (こいずみ ぼん)氏
1961年東京世田谷区生まれ 成城大学文学部文化史学科、同大学院文学研究科日本常民文化専攻博士課程前期修了。専攻は民俗学。この間、「我孫子市史民族編」作成にアルバイト学生として協力。学生時代には我孫子市久寺家の民俗調査も体験する。

1987年松江赴任。 松江市立女子高等学校講師、小泉八雲記念館学芸員などを経て、現在、島根県立島根女子短期大学助教授、小泉八雲記念館顧問。2001年9月〜2002年3月:米国セントラル・ワシントン大学交換教授。2004年から子供たちの五感力回復をめざす「子ども塾―スーパーへるんさん講座」の塾長をつとめる。ラフカデオ・ハーン(小泉八雲)の直系の曾孫(ひまご)にあたる。

[主な著書、論文]
『民俗学者・小泉八雲』恒文社(1995) 『文学アルバム小泉八雲』共著恒文社(2000) 『八雲の五十四年〜松江から見た人と文学〜』(2003)共著、松江今井書店 「境界の神―日本人の病理觀から―」『日本民俗学』159(1985) 「妖怪観の一考察―L・ハーンと井上円了の交友をめぐって―」『民俗的世界の探求』慶友社(1996) 「家庭における昔話教育の意味―小泉八雲の場合―」『昔話―研究と資料26号―』三弥井書店(1998) 『ケルト口承文化の水脈』共著、中央大学出版部(2005)

[所属学会・団体]
日本民俗学会、山陰民俗学会、日本昔話学会、日本英文学会中四国支部、八雲会、日本アイルランド協会、イアシル・ジャパン(国際アイルランド文学会日本支部)山陰アイルランド協会(事務局長)など〔趣味〕旅行、サイクリング、ピアノ演奏
日時: 2006年9月8日 15時00分より
場所: アビスタ(我孫子市生涯学習センター)ホール
参加費: 500円(第4回企画展入館券とも)
定員: 140名 要予約

《お申し込み》
講座のお申し込みは、お電話・Fax・Eメールのいずれかにて承ります。ご予約の方は、お席を確保いたします。
(Fax、Eメールでお申し込みの方は御氏名、御連絡先を明記してお送り下さい)

Tel: 04 (7169) 8468  Fax: 04 (7169) 1837