188.「バーナード・リーチ工房 再建記念旅行参加報告」第79回面白白樺倶楽部のご案内

報告者

渡辺貞夫(わたなべさだお)(白樺文学館副館長)
星崇恵、田中宏子(当館スタッフ)

期日

2008年5月23日(金)17時00分より

場所

当館コミュニティールーム

バーナード・リーチは、1917年(大正6年)千葉県我孫子(町)柳宗悦邸の敷地内に、穴窯を築き陶芸家として本格的にスタートをし、のち英国南西部コーンウォール州の美しい海に面した町セント・アイヴスに登り窯を築いて作陶を開始しました。幾多の苦労の後、陶芸を通じて東洋と西洋の融合を目指して活動、国際的な芸術家として知られています。彼の没後、工房はしばらくの間放置されていましたが、このたび英国、日本をはじめ世界各国の関係者により基金がよせられて、当時の工房を保存のため修復されました。この再建を記念して、日本民藝館関係者はじめリーチ愛好家による現地へ研修旅行が催行されました。改修なった工房の様子、美しいセントアイヴスの風景、2年前我孫子で講演したB・リーチの孫フィリップ・リーチ氏との再会など数々の画像をまじえて、当館よりの旅行参加者による報告会であります。なお開始時間が17時00分と大幅に変更になりましたのでご了承ください。

改装なったリーチ・ポッタリー(部分)
改装なったリーチ・ポッタリー(部分)
クリックで拡大
ダーチントンホールにて
ダーチントンホールにて
クリックで拡大

第79回面白白樺倶楽部
リーチ・工房再建記念旅行参加報告
講師略歴:

渡辺 貞夫
2001年 白樺文学館副館長 北海道生まれ

星 崇恵
2002年 白樺文学館スタッフ 鹿児島県生まれ

田中 宏子
2005年 白樺文学館スタッフ 東京都生まれ

《お申し込み・お問い合わせ》
講座のお申し込みは、お電話・FAX・Eメールのいずれかにて承ります。ご予約の方は、お席を確保いたします。
(Fax、Eメールでお申し込みの方は御氏名、御連絡先を明記してお送り下さい)

Tel: 04 (7169) 8468  Fax: 04 (7169) 1837