195.「新しき村90年を語る」
第83回面白白樺倶楽部開催のご案内

講師

石川 清明 氏 (財団法人 新しき村理事長)

期日

2008年9月12日(金)17時00分~18時30分

場所

当館コミュニティールーム

武者小路実篤が新しき村の建設のために我孫子から九州の宮崎へ出発したのは、大正7年(1918)9月のことであります。九州は日向への旅立ちでした。時代は大正、昭和、平成と移り変わり現在も埼玉県毛呂山にて新しき村の精神は受け継がれております。

今回は、財団法人 新しき村の理事長であります石川清明さんをお招き、ご講話をいただくことになりました。

武者小路実篤が亡くなって32年を過ぎましたが、石川さんは武者小路さんと直にお話したり、講演を聞いたりした数すくないお一人です。当時の武者小路さんの思い出話、興味深い昔話などをおうかがいいたします。多くの方のご参加をおまちいたしております。
なお今回の講演にあたっては、石川先生より以下のコメントをいただいておりますのでご覧ください。

石川先生のコメント

大正七年、武者小路実篤の提唱で始められた新しき村は、今年90周年を迎えます。武者小路先生は当時我孫子に住んでおりましたので、この地とは深いご縁がございます。新しき村は宮崎県で始められましたが、ダム工事による水田の水没から、昭和十四年埼玉県に新たな土地を求めて第二の村つくりを行い、現在に至っております。この90年を振り返り、日向の村(宮崎県児湯郡木城町石河内)、埼玉の村(埼玉県入間郡毛呂山町)を語り、人類の将来を語り継いでゆきたく思います。
第83回面白白樺倶楽部
「新しき村90年を語る」
講師
石川 清明 氏

石川 清明 氏

講師略暦:
昭和4年(1929)1月21日東京生まれ。昭和19年海軍甲種飛行予科練習生。昭和26年から29年まで村内会員として活動。平成4年(1994)より財団法人 新しき村の理事長 現在に到る。

著 書: 「石川清明感想集」他

日時 2008年9月12日(金)17時00分~18時30分
場所 白樺文学館 コミュニティールーム
定員 25名
参加費 1000円
《お申し込み・お問い合わせ》
講座のお申し込みは、お電話・Fax・Eメールのいずれかにてお申し込みください。定員に達し次第締め切りいたします。
(Fax、Eメールでお申し込みの方は御氏名、御連絡先を明記してお送り下さい)

Tel: 04 (7169) 8468  Fax: 04 (7169) 1837